PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

銭函会議




行ってきました。

以下、会議で配られた結果報告書です。

深刻な問題なので是非お読みください

    『銭函メインポイントに関しての話し合い』 2010.12/08 銭函ビーチクラブ 発足

2010/12/06、銭函ポイント及び礼文塚ポイントの近隣に住むサーファー9名で、現状の問題点について話し合いしましたので、結果を報告致します。

■銭函メインポイントについては今後、基本的に駐車スペースは無いと言う認識で統一

従来:できれば停めないでほしい・・・
 ↓
今後:駐車禁止(迷惑駐車であるということをハッキリと伝える)

理由:
ここ数年は銭函住民(銭函エリアに在住のサーファー)は、サーファーに対して開放的なスタンスをとってきました。しかし、迷惑駐車の問題は一向に減る様子はなく、それどころかトラブルは増加傾向にあります。


・再三、道路上での水あびに注意を促し、砂を巻くなどの協力を要請してきましたが、それを実行するサーファーはほとんどいないのが現状です。

・駐車ルールを破っているサーファーが全く減っていない。(これは明確なルールがなく、個人のモラルに依存してきたためです。)

・ポイント付近での排泄、(サーファーだけとは限らないが)や住宅街で大きな声での会話等による苦情が後をたたない。

これ以上、地域住民に迷惑がかかる行為が続けられると、礼文塚ポイント同様、行政問題に発展する可能性が高い。

■銭函エリア在住サーファーとして具体的に何をすべきか??

・監視(パトロール)を実施(海に入る前にポイントの周辺に問題、異常がないか確認し、問題があった場合は必ず解決を試みる)      →休日など、時間のある時は巡回。

・銭函メインポイントに来るサーファーの認識として、「駐車場は基本的に無い」という情報発信を徹底し、銭函周辺のサーファー及び 札幌、その他のエリアから来る、サーファーに理解、認識してもらうよう努める。→今後決まっていくルールをしっかり伝える。

・禁止区域に駐車しているサーファーを見かけたら、見て見ぬふりをせず、声かけを積極的に行う。→状況によっては声をかけずらい場合もあるが、ルールを理解してもらう。サーファー同士で解決することが大切。→高圧的にならないように(怒るのではなく、教えてあげるというスタンスで)

・チェーン、看板の設置。駐車禁止やマナー向上を訴えかけるための印刷物を制作

■線路での事故

先日、線路上での人身事故があり、JR側としては、線路の人影にはかなり神経質になっている→駐車問題と同様に線路の横断禁止を呼びかける(必ず踏切を渡ってもらう)

■12月現在までの決定事項

・有料駐車場は池田さんが管理している(MAX4台)のみ(月極駐車場は含まない)

・海側の線路沿いについても駐車禁止とする。

・その他の有料駐車場(月極)等を個人が準備する以外に今のところ方法はない。

※地元住民としては、自分で駐車場を確保したり、地域とのコミュニケーションを積極的にとって地域住民に迷惑のかからない方法を実践できるサーファーのみを受け入れる方針。

銭函ビーチクラブについて

今回の礼文塚ポイントの閉鎖により、銭函メインポイント周辺の路上駐車が、過去に例をみない程の状況です。前述でも書きましたとおり、周辺への路上駐車は例外なく住民にとっては迷惑駐車と考えられます。我々としては礼文塚ポイントのトラブルを教訓にし、ポイント閉鎖等、悲しい事例を作らぬようルール、マナーを今すぐにでも徹底して行かなければならないと考えました。

今後、各町内、小樽市などの行政との話し合いも必要となることも考えられます。そこで同じ意見と認識を持つ者でサーフポイントの維持、存続を目的とした活動を行う団体です。

銭函ビーチクラブを発足するに至りました。

今後、連絡先や代表者等詳細が決まり次第、皆さまにもご報告したいと思っております。

理解の程、お願い致します。

2010,12,12


以上の内容でした。

 
スポンサーサイト

| ボディボード | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URI

http://urasamu.blog48.fc2.com/tb.php/244-5d3c5fae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。